アルギニンの効果と働き

アルギニンの効果と働き

体の疲れ、特に筋肉の疲れを取る効果がある成分について紹介します。

皆さんはアルギニンという成分を知っていますでしょうか?

アルギニンはアミノ酸の一種で、スポーツ飲料やエナジードリンクなどにも含まれています。

そして、筋力トレーニングの効果を高めるアミノ酸としても注目され、脂肪の少ない引き締まった体を作る効果があるため、アスリートにも多く利用されています。

ですので、ダイエットをしている方にもおすすめの成分です。

体は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、新しい細胞に入れ替わり、脂肪を代謝します。

この成長ホルモンは細胞を活性化し、免疫反応の強化、若を保つために重要です。

成長ホルモンが分泌されるためには条件があり、その条件のひとつにアルギニンが体内に十分に存在していることが挙げられるのです。

成長ホルモンは加齢と共に分泌が減少していきます。

しかし、年齢を重ねても栄養素に気を付けることで、成長ホルモンの分泌を助けることができます。

そのような方は年齢を重ねても若い体を保っているのです。

体が疲れているときに、アルギニンで体力回復を図ることができます。

アルギニンは胃から素早く吸収されますので、特に空腹時に服用すれば短時間で効き目が実感できると思います。

copyright(C)ダイエットサプリの真実